北海道民、休業要請拒否のベガスベガスに集結(イメージキャラクター 石田純一)

 

緊急事態宣言に伴う休業要請により、北海道の多くのパチンコ店が休業入っている中、パチンコチェーンのベガスベガス(イメージキャラクター:石田純一)は営業中ということで、客が殺到しているらしいです。

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止の非常事態宣言が4月7日に出されてから全国チェーンは首都圏を中心に一時休業に入り、16日に「特別警戒地域」に入った北海道でも「マルハン」、「ダイナム」は21日から道内全店で一時休業に入った。また、大手地場チェーンも22日から一斉に一時休業に入るなど足並みを揃えた。

22日、苫小牧市内を訪れてみると、ひと際お客を集めていたのが「ベガスベガス苫小牧店」。

23日以降も苫小牧市内で開店を続けるのは「ベガスベガス」、「ビッグスロット苫小牧」、「ゴールデンマックス」、「パーラー大統領」などに絞られる。

「ベガスベガス」は、北海道15店舗、東北15店舗のほか栃木県1店舗、東京都2店舗を展開。東京都の2店舗は4月8日から、栃木県の1店舗は23日から一時休業に入っており、北海道と東北の30店舗は営業時間を短縮して開店を続けている。一時休業が相次ぐパチンコ店の中で「ベガスベガス」に客が集中する事態になっている。

https://hre-net.com/keizai/keizaisougou/44476/

 

イメージキャラクターが感染・入院しても営業強行する姿勢・・・。
なおパチンカーがベガスベガスに落とした金は回り回って石田純一氏の懐へいく模様。
パチンコで石田純一応援キャンペーン!のような状態になってるな・・・。

 

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています