東京都のパチンコ店24店が営業再開 知事「主税の方を連れて行くことも可能」

 

緊急事態宣言が延長に伴い休業要請も延長となった東京都。しかし5月7日からパチンコ店24店が営業再開したようです。

 

「主税の方」とは「東京主税局の職員」のことらしい。

会見内では、休業要請に応じないパチンコ店についても指摘。GWが明けた7日、都内で24店舗の営業再開を確認したことを明かし、改めて休業要請を促した。

このうち5店舗が要請に応じたが、残りの店舗が応じなかったことから、「都職員らが中心になるも、場合によっては主税局担当者を引き連れていくことも可能かと考えている」と次の一手についても言及した。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12189-20162321137/

 

 

24店のうち5店が休業に応じて残り23店か。

「従わないなら主税局連れていくぞ。わかるな」ってことか。こわいなあ。どの知事もパチンコ屋に厳しいなあ・・・

 

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています