愛知県、パチンコ店の休業要請解除せず【居酒屋・映画館はOK】

 

愛知県は政府による緊急事態宣言の解除の発表がありましたが、大村知事は独自の緊急事態宣言を継続しパチンコ店への休業要請も継続する模様です。

 

 愛知県の大村秀章知事は14日夜、新型コロナウイルス感染症の対応方針を発表し、居酒屋を含む飲食店の営業時間短縮、商業施設などの休業の要請を解除することを明らかにした。利用者同士の距離を空ける工夫や、消毒、換気などの感染防止対策の徹底を条件とした。

大村知事は会見で「段階的に社会、経済活動のレベルを引き上げたい」と表明。休業要請を解除する施設には、映画館、図書館、展示場、学習塾なども含めた。15日午前に開く対策本部での決定をもって正式に解除となる。

 過去にクラスターが発生したスポーツジムやライブハウス、カラオケボックス、漫画喫茶、パチンコ店といった密閉、密集、密接の「3密」が生じる遊興・遊技施設は、15日からの解除を見送った。

大村知事は、政府の緊急事態宣言が解除されても、県独自の緊急事態宣言は予定通りの31日まで継続することも発表。ただし、感染状況によって期間を弾力的に判断するとした。

県民には、不要不急の外出自粛を引き続き要請。特に、緊急事態宣言を継続した東京や大阪への移動は避けるよう求めた。新規の感染者数などが県独自の基準を超えた場合は、再び休業要請をする考えも示した。

https://www.chunichi.co.jp/s/article/2020051490235231.html

 

居酒屋はフルオープンでパチンコはダメってどういう理屈・・?居酒屋はマスク外してぺちゃくちゃお喋りするところよね・・パチンコは誰も喋らないんだけどなあ

 

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています