N国党の立花孝志氏、パチンコ屋公表は脅迫以外の何ものでもないと熱弁

 

NHKから国民を守る党の代表である立花孝志氏が政府のパチンコ屋への対応はおかしいと熱弁しています。

 

 

この長い47分の動画を要約されているサイトがありましたので引用致します。

「この国の政治家はもう言っていることがワケ分からないですよ。パチンコ屋にお願いしますって言っているんでしょ。『休んでください。5月6日まで休業をお願いします』って。でもパチンコ屋さんは嫌だって言ったんですよ。そしたら今度、この国の政治家が何をするかって言ったら、パチンコ屋さんの名前をね公表するって言っているんですよ。これ脅迫以外の何でもないでしょう?」

「あのね、営業やめてくれっていうんだったらね営業の保証をするのが当然でしょう。1店舗に50万円? パチンコ屋さんが1カ月休んで50万円保証されてどうするんですか。だからパチンコ屋さんは『要請だから分かりました。でも我々も仕事で従業員を守らないといけないから営業をします』と言っているだけのことでしょ」

「僕はね、店名を晒されたパチンコ店を、僕最近パチンコ全然しないですよ、面白くないから。パチンコに行きたいと全然思わないですけど、これね、国や東京都によって店名を晒されたパチンコ店とゲームセンターがあるんだったら、僕行きますよそこに。行ってね、僕がそこで堂々と撮影して今から入店してパチンコ打ってきますって動画つくりますよ。だってね、休めっていうんだったら保証してやれよ」

https://www.pidea.jp/articles/1587625026

ふむ。確かにパチンコ店が50万円貰ってもどうにもならなそう・・。

 

 

元パチプロ、元国会議員という過去がある立花氏の言葉には非常に重みがあるのかも知れない・・。

 

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています