パチンコのデータカウンターをポチポチする人が多すぎる問題

      2016/05/15

スポンサーリンク

全くもって意味がない行為

パチンコ屋でパチンコを打っていて、
他の客の気になる行動の一つに「データカウンターをポチポチする」というものがあります。

 

ものスゴイ頻度で見かけます。
ぼくは見る度に「意味ないぞ!!!」と大声で叫びたくなります。

 

なにを見てるのでしょうか。

 

パチスロならわかりますよ。
前日の最終ゲーム数がわかったりしますからね。

パチンコでもスランプグラフや総通常ゲーム数を見てるならまあわかりますが、
それらを見る機能がないデータカウンターをポチポチするのです。

そうです。彼らは本日何連したのか、ポンポン初当たりを引いいているのか、ハマりを繰り返しているのかを見てるわけです。
「波理論」を信じているのです。
もしくは「好調台」を探しているのかも知れません。
こんなに沢山パチンコを理解していない人がいるんだなと。

 

過去の結果がこれからの当たり確率に影響するわけがないのに。

 

よくネットで目にする「好調台」という言葉。
これを使っている人は全員負けているでしょう。
好調だったからと言ってその台を打って勝てる理由はどこにもありません。

 

パチンコ好きは本当にパチンコのこと好きなの?

パチンコのことが本当に好きだったら、
パチンコの仕組みをなぜ理解しようとしないのでしょう。

ぼくはこういった人たちを見るたびに
「この人達、いつもは会社できちんと働いてるんだよな?」
と疑問に思ってしまいます。

「こんな簡単な機械を理解できないで、仕事出来るの?」と。
パチンコが好きなら、少しぐらい勝つ方法を考えて打って欲しいのです。

 

「パチンコで勝つ」のが好きなんですよね。
「パチンコで負ける」のは嫌いですよね。

 

負けるのが嫌だったら、理解してください。
理解すればデータカウンターをポチポチなんてしないはずです。
パチンコはどの回転数から打っても当たる確率は一緒で、平均連チャン数も同じです。
こんな簡単なことが理解出来ていない人が多すぎます。

 

プロはそんなものは絶対に見ません。
見るのは釘だけです。

 

 

関連コンテンツ

 - スロパチコラム