東京都遊協が広告自粛を再度要請するも従わないパチンコホールに怒り!

 

東京都遊技業協同組合は3月25日の小池東京都知事による新型コロナウイルス対策の会見を踏まえ、26日、組合ホールに対策を要請しました。

 

都遊協として再度、集客を目的とした広告宣伝の自粛の徹底を組合員に要請した。

対象は、ホームページ、SNS等も含め、店頭・店外、第三者の目に触れる可能性のある全ての媒体における広告宣伝となる(店内で遊技客のみに告知する、射幸心をそそるもの以外のものは可能)。

店舗内でのクラスターの発生を防止するため、換気の徹底、清掃消毒の徹底を要請した。

マスクの着用も要請している。

夜間のネオンや看板照明について、「点灯時間についても特段の配慮をお願いします」としている。

https://web-greenbelt.jp/post-36963/

 

広告宣伝自粛の徹底、換気、消毒の徹底、マスク着用、夜間の看板・ネオンの消灯が要請内容となっています。

 

なお以前から広告自粛の要請はしているものの、従わないホールがあとを絶たない状況でした。更に今回の要請でも従わないホールがあったようで都遊協が怒っている模様・・

 

 

行政当局から「遊技場が広告宣伝しているのはどういうこと?と苦情が沢山きているぞ!」と連絡があった模様。

都遊協は「組合員ホールは信用しているが、万が一まだ広告宣伝をしているホールを見つけた場合はチクってくれ頼む。」とのこと。

 

文面からかなりの怒りが伝わってきます・・・。

 

しばらくはパチンコの広告やお店のネオンが消えるのであろうか。

 

Amazonチャージ
現金5000円以上チャージで1000ポイント貰えるキャンペーン開催中!

関連記事