【自粛】北海道のパチンコ店、一律2時間以上の時短営業を決定【コロナ】

 

北海道各方面遊協は3月5日、新型コロナウイルス対策として一律での時短営業の取り組みを決定しました。
組合員ホールは2時間以上の時短営業となるということです。

更に「感染予防の徹底」「企業イメージ広告の自粛」も決定。

期間は3月9日~3月19日まで。

 

「営業時間の短縮」は、一営業日において最低2時間以上とし、営業時間帯は午前10時~午後10時までとした。実施期間は3月9日(月)~3月19日(木)まで。

「感染予防の徹底」は、来店客への対策として、店舗各入口に消毒薬を配置し、来店客へ手の消毒と可能な限りのマスク着用について、店内放送やポスターの掲示で呼びかける。一方、従業員への対策は、遊技終了後の空き台に対してこまめなアルコール等を用いた消毒の徹底や、従業員にマスクを着用させ、その旨を店内放送やポスターの掲示で、来店客に理解を求めることとした。

「企業イメージ広告の自粛」は、既に通達している「各種媒体を用いた広告宣伝の自粛」内容の追加措置となり、感染症が終息するまで企業イメージ広告についても自粛する。

https://web-greenbelt.jp/post-36412/

 

今回は先日通達された「各種媒体を用いた広告宣伝の自粛」に追加で「企業イメージ広告の自粛」も決定されており、テレビ等でよく見るふわふわした内容のCMが無くなりそうです。

正直、2時間短縮営業をしたところで感染リスクはほとんど変わらないと思いますが、経営の観点からきっとこれが精一杯なんでしょう・・・。

 

 

関連記事


パチンコ・パチスロのお供にはAudibleがおすすめ!

名作やベストセラーを人気俳優・声優やナレーターの声で楽しめるAmazonのオーディオブック【Audible】(オーディブル)が2ヶ月無料キャンペーンを開催中。4月7日までの登録が対象。