P10カウントチャージ絶狼はたった16分で万発?!パチンコ始まったww

2020年4月19日導入予定、牙狼シリーズの新台「P10カウントチャージ絶狼」の試打レポートが上がっており、同台の速度・MYに注目が集まっています。

 

「北斗無双」は平均最大MY約19500個、「慶次漆黒」は約17500個。直近で人気の新規則機「P花の慶次〜蓮」は約16000個、「Pウルトラ6兄弟」は約18500個となっている。一方の「10カウントチャージ絶狼」は平均最大MYは約19000個となっており、「無双」に次ぐ出玉性能を誇る。

出玉スピード面で比較すると「北斗無双」が時速約21800個、「慶次漆黒」が時速約20200個である。一方の「絶狼」は約35000個と、旧規則機とはるかに凌駕する性能だ。

1セットの平均大当り消化時間は(大当り時間+次回大当りまでの時間)2.5分と他機種よりも圧倒的に短い(※北斗無双は平均で4.2分)。

ご覧の通り、およそ16分24秒ほどで約10000発獲得である。

大当り前の演出変動と大当り消化の所用時間合計は平均で約150秒である。そのスピードで継続率77%+オール1500個大当りとなるのだ。大当り出玉払い出し中に次の大当りがはじまる「出っ放し」もあながち言い過ぎではないことがわかるだろう。各台計数機ではないホールの場合だと、「絶狼」コーナーに張り付く専用スタッフが必要になるかもしれない。

https://www.pidea.jp/articles/新規則機メイン降臨「10カウントチャージ絶狼」超速リポート

 

 

今一番人気のあるCR真・北斗無双と比べると・・・

無双MY:約19500個
絶狼MY:約19000個

無双時速:約21800個
絶狼時速:約35000個

無双大当たり実質時間:約4.2分
絶狼大当たり実質時間:約2.5分

ということでこれは・・・もしかすると本当に無双に匹敵、いや凌駕するパワーを・・・?
MYが500個負けてるだけじゃないか!

 

スペックはこちら。

 

https://www.redesign777.tokyo/Spec/PachinkoView?id=P2020022009361001&flag=True

 

筐体がライジングサンセイ枠ということで少し不安ですが・・これは期待が持てるのでは。

 

関連記事


パチンコ・パチスロのお供にはAudibleがおすすめ!

名作やベストセラーを人気俳優・声優やナレーターの声で楽しめるAmazonのオーディオブック【Audible】(オーディブル)が2ヶ月無料キャンペーンを開催中。4月7日までの登録が対象。