牙狼の最新作は高継続率をあえて捨て分かりやすいゲーム性に?

サンセイ幹部のお二人が新しい牙狼シリーズについて語っています。

 

新規則機は、一回の大当り出玉が抑制された分、ゲーム性がどうしても継続率に偏ってしまいがちなのが現状です。それはそれで一つの魅力になっていますが、我々は、これに変わるようなゲーム性の準備も進めております。新たな牙狼シリーズでは、ホール営業の定番機になるような分かりやすい仕様を目指しています。もちろん、今の規則に沿う必要はありますが、多くの人が牙狼に抱いているイメージを表現する機械の実現に力を注いでいます。

https://www.yugitsushin.jp/news/maker/%e3%80%90%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%80%91%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bb%e5%8e%9f/

写真のお二人がふんぞり返っているように見えて少し笑いました。

 

今は85%は当たり前の高継続率ブームですが、それに逆行するということですね。

「牙狼シリーズ」なのでもしかしたら先に噂されていた「P絶狼2」のことかも知れません。

 

【新台】P絶狼2は77%1500発で時速35000発?【噂】

多くの人は牙狼と言えば「金色になれ」「魔戒ノ花」をイメージすると思われるので同じ「右打ち中は77%継続でオールフルラウンド」で出すということかな。

冴島鋼牙もヘソも電チューもオール1500発でわかりやすくはあったけど、いかんせん初回確変33%のハードルがあまりにも高すぎ+STが遅すぎましたからね。次は魔戒ノ花時代のように覇権を取れると良いですね。

 

関連記事