盗忍!剛衛門を初打ちしてきましたー無理なやつだこれは【感想】

      2017/12/10

20171124_190556

 

はい、こんにちは。コーンスナッ君です。

新台の「盗忍!剛衛門(とぅーす!ごうえもん)」を打ってきました。番長みたいな台です。あれです。ぼくの大嫌いな番長3と同じ筐体です。大都はもう番長シリーズにすがっていくしか道はないのかなあ。

 


初打ち感想

ということで初打ち!

通常時は盗目をたくさん引いてくださいというゲーム性で。

 

盗目で「ぬすめ」と読むらしいです。なんかもっといい呼び名なかったんですかね・・・。企画会議で「ぬすめで行きましょう!」となったんだろうか・・・。

んで、この盗目が引けない引けない!事故って引きまくってもレインボーまではいかない仕様らしく、全然当たりませんでした。せめて赤の次はレインボーで当たりを保証してほしかったなあ!

赤のあと3回くらい引いて当たんなかったときは目を疑いましたよ・・・。

 

通常時はホントに退屈です。どんな台でも基本的に通常時は退屈ではあるんですけど、この台は顕著ですねー。

あとプレミア引いたか??みたいな演出でただの盗目っていうのはちょっときつかったです。

 

結局1500Gくらいまで連れて行かれましたんですよ。で、鬼賽っていうのがどんどんたまっていって、20までいった状態でARTに当選したんです。

この鬼賽ってそのまま特化ゾーンのG数になるので、貯まれば貯まるほどART発動時に有利に働くんです。

 

なので20もあったらやばいことになるんじゃね????って思ってたぼくが馬鹿でした。

 

この特化ゾーン。なんとベル以上の小役を引かないと上乗せされない仕様でした!!!!!なんでだよ!!!!

 

20Gあって乗っけたのは3回だけ・・・。最初にもらえるものと合計で80Gくらいでスタートでした。

 

んで、ART、ハズレが結構な頻度で引けちゃいます・・・。ARTとかAT中のハズレってレア役でもない限り萎えますよね・・。ほんとにただのハズレです。

 

結局150枚くらいは獲得できたことになってましたけど、準備中に50枚以上削られてしまったので実質100枚くらいかなあー。

二度と打たねえ!!!!

 

追記:特化ゾーンの元祖、モンキーターンの全速モードもリプレイで上乗せなしでしたね。もともとそういうものか!

スポンサーリンク

関連コンテンツ

よく読まれている記事

1
パチンコの勝ちかたやめかた、向き合い方。16項目の大切なこと。

  パチンコ屋に行っては2・3万負けるのが当たり前になっていた私が、パ ...

 - スロパチ実践