転売屋を目の敵にしている人へ。購入者は時間を買っているということに気付こう

   

ljagfla

 

転売屋を親の仇のように憎んでいる人、いますよねえ。

 

スポンサーリンク

転売屋が嫌いな人は他人が得するのが我慢出来ない人

よくネットで目にするのが、「絶対に転売屋から買ってはいけません。供給量が安定すれば普通に買えるから待ちましょう。」という感じの文言。

確かに待てばそうなるかもしれません。でも購入者は今欲しいんです。今その商品を手にするということに価値を感じたからこそ、転売屋からでも買うのです。

また、待っても価格がなかなか安定せず結局ずっと高いままなんてことも。
その待った時間、返してくれますか?返してくれませんよね。

いくら気に入らないからって無責任なことは言わないでほしいです。

転売屋から買う人はかなり価格が高い、そのことは十分わかっていて買っているのです。「今」欲しいから。

 

その辺を理解していないんですよ。文句を言っている人たちは。

 

商売は基本、転売です。転売じゃない小売なんてありません。
基本なんです。

転売屋は小売店で買ったものを欲しい人に売る。なにも悪いことじゃないですよ。

小売店は卸問屋から買ったものを欲しい人に売る。同じことです。

 

チケット販売はこうあるべき

チケットも転売が問題になっていますが、チケットはS席を超高価格にすべきじゃないでしょうか。
一律なのがおかしい。運のわるい人は一生後ろの方で見ることになります。

一番うしろと一番まえが同じ価格なのがそもそもおかしいです。

まあいろいろ難しいんでしょうけど。S席A席あるコンサートもあるにはありますが、バンドのライブなんかは一律料金ばかりです。

 

チケットのこれは結構適当に書きました。あしからず。

 - せどり