バンドのドラム、ドラマーの初ライブでの注意点。

      2015/07/11

02CA59A1313841828D7EBEE1BC066606_12001

初ライブ。
初ライブは緊張もそうだけど、知らないことばかりで、何をどうしたらいいのか分からない。

みなさんが通る道ですね。

スポンサーリンク

注意点その一

プロのドラムテックでもない限り、お店のドラムのチューニングは絶対にいじらない。

これやってしまうと、周りからドン引きされます。
ちょっと変な音だなと思っても我慢した方がいいでしょう。

お店の人に睨まれる可能性があります。

バスドラがベロベロにゆるくて演奏に支障が出るようなら、「バスドラムの打面がゆるくなっている気がするので、少々きつくしてもよろしいでしょうか」と菓子折りを持って相談しに行きましょう。

大体はいいよ~って言ってくれるか、お店の人が締めてくれます。

 

注意点その二

転換時は全速力でセッティングする。

ドラムのセッティングというものは時間のかかるものです。しかし、バンド転換の時間が決められている以上、急がなければなりません。ゆっくりやっている暇はありません。

順番としては、まずイスの高さを決める。次に足元の位置を決める。そしてスネアです。スネアはマイクを2本立てるので、一度決めると動かしにくいですから、慎重に。試しに少し叩くのもいいでしょう。
イス、足元、スネアが決まったら次はタム類。最後にシンバルという風な感じが良いでしょう。

 

注意点その三

ライブだからと言ってカッコつけない

カッコつけてノリノリで演奏すると、ほぼ間違いなく練習より下手になります。確かにパフォーマンスは大事ですが、演奏がついてこないと意味がありません。練習と同じようにリラックスして叩くのが一番です。

 

最後に

初ライブ、頑張って下さい。

関連コンテンツ

よく読まれている記事

dsfghdfgdfg 1
ビットコインは0.0001枚から買える!?「高くて買えない」ことはないんだなあ

  ビットコインを買うには今の価格「約47万円」を用意しなくてはならな ...

dgfhdsfghshh 2
ビットコイン(Bitcoin)の価格は将来いくらまで上昇するか?

  Bitcoin・・・それは革命のコイン。。。   ビット ...

 - 音楽