ドラム練習で陥りがちな罠~素振りはヤメて!~

   

10_147ドラムはねえ、基本的には家での練習になるわけです。
家での練習に「素振り」を使っている人は今すぐやめたほうがいいです。
ドラムとは結局、スティックのリバウンドを拾い続ける仕事のことの総称。
素振りでは感覚が鈍るだけです。
きちんとパッドなりを使ってリバウンドを感じることが大切なのです。

もちろん足もビーターのリバウンドを感じた方が良いので、その点でも注意が必要です。

「あれ?練習では踏めるのに実際のペダルだと全然踏めない…」

当たり前ですね?
素振り練習はただの自己満にしかならない場合が多いです。

パッドなんて安いんですからササッと買ってしまいましょう。

スタジオに個人練習に沢山いけるモチベーションのある人はもちろんスタジオに通った方がいいですよ。生が一番です。
でも僕のような面倒くさがり屋はまず電話をするのが面倒なんですね。
ということで、大切なのはリバウンドというお話でした~。

おすすめ記事

RRHOME 1
RightRiseビットコイン投資 複利で224倍? 登録から出金まで徹底解説。

※2017年1/19日現在、初回投資額の20%キャッシュバックしてます。詳しくは ...

a0001_011518 2
パチンコの勝ちかたやめかた、向き合い方。16項目の大切なこと。

僕がこれまでパチンコを打ち、実際にプラス収支をあげて感じたことをまとめました。パ ...

 - 音楽