ドラム練習で陥りがちな罠~素振りはヤメて!~

   

10_147ドラムはねえ、基本的には家での練習になるわけです。
家での練習に「素振り」を使っている人は今すぐやめたほうがいいです。
ドラムとは結局、スティックのリバウンドを拾い続ける仕事のことの総称。
素振りでは感覚が鈍るだけです。
きちんとパッドなりを使ってリバウンドを感じることが大切なのです。

もちろん足もビーターのリバウンドを感じた方が良いので、その点でも注意が必要です。

「あれ?練習では踏めるのに実際のペダルだと全然踏めない…」

当たり前ですね?
素振り練習はただの自己満にしかならない場合が多いです。

パッドなんて安いんですからササッと買ってしまいましょう。

スタジオに個人練習に沢山いけるモチベーションのある人はもちろんスタジオに通った方がいいですよ。生が一番です。
でも僕のような面倒くさがり屋はまず電話をするのが面倒なんですね。
ということで、大切なのはリバウンドというお話でした~。

おすすめ記事

gsertser 1
AirBit Club(エアービットクラブ) のはじめかた

  どうもこんにちは。バゴガモの書管理人です。 日本に上陸ホヤホヤで話 ...

RRHOME 2
RightRise投資のはじめかた - 登録から出金まで

  Right Rise(ライトライズ)ビットコイン投資。登録方法。投 ...

 - 音楽