CRダークフォース スペック・ボーダー解析

      2016/07/04

ヘッダ

 

パチンコCRダークフォースにおけるスペック、ボーダーなどの基本情報をまとめました。

 

スポンサーリンク

台概要

ゲーム性としてはまず、スルーチャッカーで普通図柄抽選を行い、それに当選すると特別図柄の入賞口が開放します。
そこに玉を連続で入れると、(1回の開放で)5回変動させることができ、その中で大当りを引けば(1/19.2で当選)連チャンゾーンの「フォースラッシュ」に突入。

大当り図柄は3/7/Vの三種類のみで、3揃い=2R、7揃い=7R、V揃い=14Rとなります。

 

メーカー/導入日

メーカー 導入日
TAKAO 2016年7月4日

 

導入台数

導入予定台数
約5000台

 

筐体

筐体

 

スペック

当選確率
1/19.2
賞球数
1&7&15
大当り出玉
上アタッカー(3C×賞球15)
約570個 (14R)
約285個 (7R)
約85個 (2R)
FORCE RUSH
突入率23.4%
33回転+αまで継続
電チューサポート
33回転+α

 

当選時の内訳

内訳
14R大当り 10%
7R大当り 24%
2R大当り 66%

 

ボーダーライン

1000円(250玉)あたりのボーダーライン
交換率 表記出玉 出玉5%減
2.50円 341.3 359.2
3.03円 319.3 336.1
3.33円 309.8 326.1
3.57円 303.1 319
等 価 292.2 307.6

条件:上記出玉、電サポ中の増減なし

 

通常時の止め打ち

スルー

  • 3発打ち出して止め、保留がなくなったらまた3発打ち出して止め。こちらを繰り返す。

盤面にスルーが二箇所あり、打ち出した玉のほとんどがどちらかを通過する。
1つの玉がダブルでスルーを通過することもよく起こる。
スルー保留は4個までしかためられないので打ちっぱなしだとかなりの無駄球を打ち出すことに。

 

関連コンテンツ

 - スロパチ情報