【仮想通貨】ビットコインはバブルか?

   

hgfhdfgsdfg

 

スポンサーリンク

ビットコインと法定通貨には明らかな違いがある

ゴールドマン・サックスが2018年6月末までに仮想通貨に特化したトレーディングデスクを設立する計画を練っていると発表しました。

 

仮想通貨に投資している人たちにとっては良い知らせだねー。

 

 

ゴールドマン・サックス会長兼CEOのブランクファインはこのように答えてますよー

 

「あらゆる新しいものに対してそうであるように、(ビットコインに対して)一定の不快感はもっている。しかし長年の経験で学んだことだが、私が好きではないことがとてもうまくいくことがよくある」

 「最初に携帯電話が登場した当時、こんなものを持ちたいやつなんているわけないと思った。というのも(当時の携帯電話の)電池は10分しか持たなかった上、相当な重さの機器を背負って歩かなくてはならなかったからだ。しかも公衆電話があちこちにあったから、誰も欲しがるわけがないと思った。しかしご存知の通り、私は大きなチャンスを逃したのだ」

 「私は歴史書を読むのでよく知っているのだが、(物理的な)コインの価格とコインに含有される黄金の量が連動している時代がかつてあった。そこから、紙幣が財務省によって保管されている黄金や銀に担保されるようになったが、当時でさえ人々は(この移行後の仕組みについて)懐疑的だった。」

 「そして今では、紙切れが国家(フィアット)によってのみ担保され、政府がその価値をきめている。だが今後の新しい世界では、コンセンサスを利用した仕組みを通して、人々が合意のもと価値を決めるかもしれない。」

 「今は(ビットコインに)投資していないが、かといって他愛無いものだと切り捨てるつもりはないし、オープンな態度を保持する」

ゴールドマンサックスが18年6月末までに仮想通貨トレーディングデスク設立へ 金融大手として初

 

そうなんですよ。昔は金や銀など価値のあるものを担保に通貨を発行していたのに、今は担保などなく政府が勝手に100円玉は100円価値がありますと決めているんですよねー、ちょっとそんなのおかしいよねー。

 

人々が懐疑的なものが後に普通になることはあるんですよね。だからビットコインや仮想通貨はバブルではなく金(きん)のようにずっと上昇していく可能性もなきにしもあらず。

 

 

また国は、預金封鎖や新円切り替えにより、私達の財産をいとも簡単に接収することが可能です。実際に戦後日本でも、このような強制徴収(デフォルト)は過去に実施されています。基本的に私達に選択の自由は無いのです。普段、意識されないだけで。

預金封鎖をされようとも、ビットコインが強制的に接収されることはありません。”異次元の量的緩和”で紙幣がじゃんじゃん刷られ、その価値が減らされることもありません。なぜなら「(国のような)第3者による信用の担保がなくても、価値の保存や交換が出来る」ためです。

ビットコインの価値から考える、現代生活の「今そこにある危機」

 

これはビットコインの革新的な部分ですねー。自由に刷れる仮想通貨とはわけが違ってきます。

 

送金手数料問題

ビットコインの価格がバブルかどうか、その判断基準の1つとなるのは、送金手数料だ。そもそもビットコインの利用価値は、優れた送金手段である点だ。しかし、価格高騰によって、現在はその利点が失われてしまっている。

ただ、バブルとはまだ断言できない。送金手数料を大幅に引き下げるような技術革新が進めば、ビットコインの価値は高くなり、価格上昇は正当化できるからだ。

実際、そうした技術開発は急速に進んでいる。ビットコインの取引処理速度を上げるために、電子署名データを分離して扱う「セグウィット」の導入で可能になった新しい方式の切り札は「ライトニングネットワーク」だ。ブロックチェーンの外側(オフチェーン)で大量のトランザクションを行うことによって超高頻度の少額決済取引を可能にするこの技術を用いると、手数料をゼロに引き下げることも可能であり、現在の価格水準はバブルではなくなる。

視点:「ビットコイン・バブル」と断言できない訳=野口悠紀雄氏

 

確かに今の手数料はかなり高いです。コインチェックで0.002BTC。なんと3240円・・・。(1BTC=162万円計算)
今年の初め10万円前後だったときは200円か。まあ高いよ。うん高い。野口氏によるとこれをライトニングネットワークが解決してくれるらしい。

 

ライトニングネットワークってなに?

A→Bが支払いチャネルを作成していて、B→CもC→Dも同様に作成している場合、A→Dへの支払いをBとC経由で行うことができる。

支払いネットワークは、中継してくれる人を経由して、最終目的地までビットコインを届ける。

あたかもAは、Dに直接支払っているような形で支払いができる。しかも数ミリ秒で、1サトシの支払いを何千回やっても手数料はかからない。

こうして支払いチャネルがネットワーク化されて、インターネットのようになったのが、ライトニングネットワークだ。

ライトニングネットワークの衝撃~ビットコインによる本当のマイクロペイメントがもたらすもの

 

  • 現状のビットコインは1秒間に6~7トランザクション処理である
  • ライトニングネットワークの手法はオフチェーンペイメントである
  • つまりブロックチェーンに書き込む必要が無い、ブロック確認作業も無し
  • ライトニングネットワーク上では数百万~数十億のトランザクションが可能
  • 手数料が超低い、手数料ゼロも有り
  • マイクロペイメントが可能になる(1セントを送るなど)
  • 小売POS端末でも利用可能になる
  • ビットコインに別の機能を付加する必要がある

ビットコインのライトニングネットワーク(LN)の特徴&決済デモ動画

 

実現しそうでまだ実現していない技術っぽいです。これが可能になればビットコインの一人勝ちですね!

 

手数料や送金の遅さ問題はもっと前からささやかれていた

ビットコインは前々から送金時の承認が遅い、小額決済の場合の手数料割合が比較的高く使いづらいと言われてきました・・・。言われてきたんです。ずっと。なのにここまで上昇したんですよね。

なんなんですかね。

送金の速さ、手数料のやすさで考えたら他の仮想通貨に投資すればいいのに、ビットコインの価値ははどんどん伸びていったし、アルトコインの基軸通貨にもなっている。元祖仮想通貨だから基軸なのは納得できる。でもずっと遅いって言われてるのに上昇し続けたのはなんでだ?性能でコインを見ていないから?

 

人々はビットコインを決済で使うために買ってるわけじゃないってことなんですよ。

 

2100万枚しかないから今のうちに買っておく。

 

上がってるから買う。

 

雰囲気です、もう。「ビットコイン」って名前が良いんだよ多分。

 

こういうこともあって、ビットコインは使い物にならないからバブルは弾けるって今言うてる人は間違い。使い物にならないなんてとうの昔にみんな知ってるんですもんね。

関連コンテンツ

よく読まれている記事

1
仮想通貨取引所におすすめとかない説 全部登録するのがおすすめ

スポンサーリンク 目次1 最低でも大手3社に登録!2 コインチェック2.1 良い ...

2
【アルバム曲】スピッツのマイナーだけど良い曲ランキングトップ50【名曲】

  SPITZが今年デビュー30年を迎えました。これはめでたい!バンド ...

 - 仮想通貨